本美濃紙で透ける暦の手帳を作る

 紙は消費されて初めて、次を必要とします。「必要」とされるからこそ人は「もっと良いもの作るぞ」と心に火がつき情熱に燃えます。そんな気持でこの紙は漉かれました。まごころは紙漉き道具を作る人や原料を育てる人々へと伝播していきます。この紙を手にした人はきっと愛着を持ち、また次の紙を必要とします。

 まごころ込めて一枚一枚丁寧に漉かれた紙を持ち歩けたら、その紙を開くと『ほっ』と一息つける。きっとまた澄んだ心で優しく粘り強く生きていける―。
 そんな気持ちで人と接するなら、またそんな気持ちが伝播していくもの。そしてまた…。これがサステナビリティ(継続可能な社会の仕組み)の本当の姿です。これが本美濃紙で手帳を作ることにした理由です。

 「本美濃紙」の歴史は大変古く、紙漉き技法の伝統は1300年守られてきました。
 現存する世界最古の紙は奈良県・正倉院に保管される美濃村の戸籍名簿。千三百年以上前のもので、千年超の耐久性が実証されています。

 江戸時代は徳川幕府の管理下に置かれ、江戸奉行専用の帳面や非常に地位の高い人の家だけが使える障子紙に使われ、人は美濃紙を使うのを許されることに誇りを持っていました。

 強靭なのにとても薄く、光の透ける美しさを合せ持つ「本美濃紙」。光の演出に最適で耐久性があることから高価なランプシェードの素材に応用されるなど用途が広がり、世界中から高い評価を受けています。

 平成26年(2014)ユネスコ無形文化遺産保護条約が定める無形文化遺産に指定された「本美濃紙」は、大英博物館やV&Aミュージアム等、ヨーロッパ各国の博物館や美術館からの注文が絶えず、重要文化財の修復や高価な美術品の保護に欠かせないものとなりました。

 中でも「石原英和工房」の紙は海外からの引き合いが高く、1人の職人が漉ける枚数にはどうしても限りがあるため、海外のお客様に少々お待ちいただいている状況です。そのため国内に回す目処が立たずとりわけ入手困難となっております。

 石原英和工房に手帳の趣旨を伝えてご理解を賜り、貴重な紙を分けて頂きました。真心を込めて手帳にし、あなたのお手元にお届けできました。あなたが使うことでまたサステナブルな新しい価値が生まれます。

JIS B版は美濃判が基準だった

「紙は人の心を開くんだよ」幼い頃、そんな話を聞いた記憶があります。「そんなこといったかね?」と歳を重ねたその人は申していましたが、紙に自分の言葉で書き出すことで心が落ち着く「エクスプレッシブ・ジャーナリング」が世界的に注目されています。確かに自分の手で紙の上に言葉を書こうとすると、呼吸が深くなりだんだん落ち着いてくるのを実感します。

そんな紙のサイズですが、紙文化の日本では太古の昔から基本サイズが定められ流通していました。その1つが「美濃判」です。

美濃判は江戸幕府が公式に使用したサイズで、身分の高い人だけが使うことを許されたサイズ。その用紙はもちろん本美濃紙が使用されていました。

岐阜県美濃市では現在も「本美濃紙」として引き継がれている和紙。京間判サイズで基本的には生産されていますが、「美濃判」というサイズで漉かれていた時代が長くありました。

美濃紙は最高級の障子紙として重宝され、障子紙といえば美濃、美濃と言えば障子紙とされるほどでした。

その美濃紙の美濃判サイズは縦27.3㌢横39.4㌢で、これを半分に折り端を綴じて江戸の公式帳面として使っていました。時代劇でよく出てくるあの帳面は美濃判サイズなのです。

時代は明治維新後、誰でも自由に紙を使っても良いことになり、それまで位の高い人だけが使うことを許された美濃紙を誰でも使えるようになりました。それで庶民も障子紙に美濃和紙を使うようになり、一気に流通が盛んになりました。

基本のサイズが定められていたとは言え、地方毎のばらつきがあった紙。その上、ドイツ規格のA0サイズの外国の紙が出回るようになると、運搬が一気に煩雑になりました。それだけ日本の国が急激に栄えた証拠なのですが、嬉しい悲鳴です。

それで日本国の紙のサイズを統一することに鳴ったのですが、それまで江戸幕府が使っていた帳面の美濃判を基本にしてサイズを決めることにしました。

A0サイズの面積は1㎡なので、単純に1.5㎡のルート長方形をB0とし、それを半分に切り半分に切り半分に切り半分に切るとB4になります。

このB4の寸法が美濃判に近い25.7cm ✕ 36.4cmになったので「これでよし」となりました。

このルート長方形という規格。19世紀にドイツで発明されたとされていますが、改めて美濃判のサイズを計算すると、27.3㌢✕38.4㌢でルート長方形なんですよね。1㌢長いのは誤差かと思ったのですが、帳面として使う時の綴代を考えると開いて使うとちょうどルート長方形になるのです。

「紙は心を開く」というのはこの形状によるのでは?と思いを馳せると、美濃判の帳面サイズを最初に定めた昔の人って、どうしてわかったの?天才!ってなりませんか。

その文化が脈々と受け継がれている美濃和紙そして本美濃紙。それを大事にしようとしている日本人と日本に住み日本文化を愛する仲間たち(外国人とか言わずに「日本を愛する仲間たち」と表現したい)が受け継いでいるものってなんだか凄いって思いますね。

夢実現へアクセル全開!「WOOPの法則」の真髄②

熱く思い描いても叶わなかった夢だったのに、夢へ進むブレーキをはずすのが前回のブログ『夢実現へのブレーキはずす「WOOPの法則」の真髄①』でした。

「WOOPの法則」提唱者 ガブリエル・エッティンゲン博士が見つけ出し、応用した「メンタル・コントラスティング」は夢に向かう人のマインドを整えるとても強力なメソッドとなりました。このステップをたどるだけでも、夢や目標を達成する確率は何もしない場合の1.5倍になりました。

「何もしない場合」ですから、夢や目標の達成をポジティブに夢見てマインドを消失させてしまっていた人からすれば、この方法に切り替えただけで、目を見張る効果が表れました。

でもここで、さらに素晴らしい成果を生み出す人々が表れました。

「これは一体どういうことだろう。著しい成果を生み出す人々は、普通の成果を生み出す人たちと何が違うのだろう?」と。ガブリエル・エッティンゲン博士は「このメソッドはもっといける!改善する余地がある」と理解しました。

そこで夫も心理学の分野の研究者であったので、臨床結果などを見てもらい相談に乗ってもらいました。

アクセル全開で夢実現へ!
インプリメンテーション・インテンション

夫でもあるペーター・ゴルビッツァー博士によると、目標達成において「〜であれば(〜なので)私は___する」という一文を作成すると、目標達成がぐっと高まるという研究を行い、そのメソッドを「インプリメンテーション・インテンション(実行意図)」と呼んでいました。

日本語には「意図の実装」とも訳せるインプリメンテーション・インテンション。この分野の国際的な第1人者でもある彼によると、著しい成果を上げた人たちは、メンタル・コントラスティングとインプリメンテーション・インテンションを同時に行っていたことがわかりました。その結果、夢や目標を達成する確率は何もしない場合の3倍以上になっていました。

※ 動画では「動機づけの実装」と語っていますが、むしろ「動機づけ」そのもの。英語だと、自分の脳へ自覚して意識的にプログラミングするイメージなので、IT用語のインプリメンテーション(実装)を加えたかったのでしょう。いづれ本人に確認してみます。

1990年代、それぞれ妻ガブリエル・エッティンゲンと夫ピーター・ゴルビッツァーが別々に行っていた研究を統合してくことになりました。

その結果は、この統合された画期的なメソッド体験者たちは、目標達成確率のアベレージが通常の3倍!まるで「赤い彗星」になったかのような成長曲線を描くという、猛烈な成功体験を叩き出すことになりました。

こうして夫婦共同で生み出された画期的な夢目標実現メソッド、「WOOPメソッド」、日本語訳では「WOOPの法則」が生み出されました。

WOOPでは、WのステップとOのステップで夢や目標を明確にして、次のOステップでメンタル・コントラスティングを行います。そうして出てきた、自分が発する内なる障害が、もし出現したら私は__するという一文になるようにします。

詳しい方ならお気付きの通り、インプリメンテーション・インテンションは「IF-THENルール」や「IF-THENプランニング」と呼ばれたり「意図セット」と呼ばれています。

「WOOPの法則」は2021年現在、35年に渡るモチベーション研究の集大成であり、夢目標達成の分野でおそらく最強の方法だと言えるでしょう。

夢実現ブレーキを外せ!「WOOPの法則」の真髄①

少し前まで、自分の成功を夢見てその夢に没頭し、ありありとその世界を思い描いて没入すれば夢は叶うと信じられていました。でもそれは「間違いだ」ったとやる気の研究からわかり、今、多くの教育者がやり方を見直しています。

誰もが自らの体験からなんとなくわかっていたのに、ポジティブ思考が夢の実現に近づくとどうしてこんなにも信じられていたのでしょうか?

「そうしたほうが楽だから。」というのがその答えです。

夢を叶えようと具体的に動き始めると、実際にはまだ行動していないくても、自分の頭の中では動き始めています。するとその人は自分自身の「マインドを変化させないといけない」と気付きます。

すると自分の心の奥底で、あなたを暖かく見守っている潜在意識が警報ボタンを押します。

「緊急指令!直ちに夢の実現を阻止せよ」

警報音が鳴っているのに、その警報を発している本人自身の耳には聞こえないように、気付かれないように夢を描く人の脳内で鳴り、行動を阻止しようとします。

これを「潜在意識の現状維持機能」と言います。「ホメオスタシス・フィードバック」とも言います。

脳には命を維持するため、一定に保つ機能があります。この機能が働き脳が暴走するのを防ぎます。これが命を保護する役目となって心の安定と平常心を保たせてくれます。

こんな機能が存在する脳の部位はとても臆病で、慎重な性格です。ちょっとした変化も嫌います。寒暖差で体温調整したり、心臓の鼓動や息遣いを激しくしたり静めたりもします。

この潜在意識の現状維持機能、難しい表現なので親しみやすく「ゲンさん」と呼びましょう。ゲンさんは超ビビリで、あなたが夢を描くとすぐ「やめとけ」と止めにかかるのです。

「そうしたほうが楽だから。」と。

心の闇に光を!WOOPメソッドの真髄
メンタル・コントラスティング

こんな超ビビリなゲンさんなのですが、実はあなたのことが大好きで、片ときもあなたのことを忘れません。24時間365日ずっと寝ないであなたを守っています。なので、ビビリなゲンさんの存在を無視して生活していると、やがて「体調不良」という自己主張をしてきます。

「今は心の時代」「心の声を聞いてあげましょう」と言われますが、なかなか出来ない世の中。でも2021年を迎え、時代は大きく変わりました。

WOOPはそんな時代のニーズに応えます。

自分の内なる心の声を聞いて、本当の自分自身を知るための方法なのです。

自分の内なる心には「光」の部分と「闇」の部分があります。頭の中で自由に想像し、なりたい自分を描きます。高い目標を実現していきます。ワクワクしたりドキドキしたり充実した気持ちになります。もう夢が実現したかのような報われたような気持ちになれます。こんなふうに夢に「光」が当たります。

一方、「闇」部分ではその逆のことが起こるようです。いったいどんな逆のことが起こるのか正確にはわかりません。でもその存在を認め、自分の心の奥にある「闇」に自分自身で問いかけると、少しづつその姿を現してくれます。

こうした心の「光」と「闇」の比較、これを「メンタル・コントラスティング」と言います。

自分の心に「光」夢や目標を思いに描きを心の明るさを経験した後、心の「闇」に光を照らし、どうしてビビっているのかちゃんとわかってあげると、ゲンさんが緊張を解いたと自分自身で体感できます。すると自然と心が軽く穏やかになれます。

これができると、「他人事」に感じていた自分の夢や目標を潜在意識が受け入れて「自分事」になり、ブレーキが外れて前進できる心の準備が整います。

夢の実現を邪魔するのは自分

ポジティブ思考が夢の達成にどれほど役立つ?

そんな素朴な疑問を持って始めた研究が、実は真逆の結果が出るとは博士自身も予想していなかった。1985年当時は「西ドイツ」と呼ばれた地域出身の心理学者ガブリエル・エッティンゲンは、「人は積極的に夢を描くなら、人は夢を実現するように突き動かされる」と考えていた。

そんな研究を始めたきっかけは東西冷戦時代と呼ばれた社会秩序のもと、共産主義の東ドイツと民主主義の西ドイツを、心理学者という立場である程度自由に行き来ができたがゆえの気付きが発端だった。

自由の制限された東ドイツのバーカウンターで、「画家」と称するひとりの男が夢を描いていた。「いつかパリへ行き思いの向くまま気の向くまま好きなだけ描きに行くんだ。ルーブル美術館にも通うぞ!」と。

芸術活動すら制限されていたイデオロギー下、繁栄していると思われていた共産主義の東ドイツから出ることも簡単には出来ない環境下で、彼はポジティブな空想だけを頼りに、希望を捨てていなかった。それどころか、冷静に考えれば過去と今の厳しい現実を考えると、あり得ないところまで将来の夢を膨らませていた。

命の危険が迫るなか、あり得ないほど現実離れしたポジティブな空想が夢を描いた人と周りにいた人々を元気づけ、生きながらえたという話はよく聞く。それはまるで人間の性(さが)であるかのように思える。

でも、そうではない状況で、目標を達成している自分や夢を叶えた自分を、あり得ないほどの大成功を誰にも邪魔されず好きなだけ思い描くなら、その思考は人に影響を与えるのだろうか?

ガブリエル・エッティンゲン博士は研究を開始して、確かに影響することを突き止めた。だがそれは、私たちが期待してたものとは異なる、全く正反対の答えを導き出すことになった。

夢の達成にポジティブ思考は役立たない。

ポジティブ思考はきっと良い影響を及ぼすだろうと期待して始めた研究だったが、出てくるエビデンス(科学的証拠)は次から次へと全く正反対のものだった。

減量プログラムに參加する26人の肥満女性たちに、プログラム開始直前にアンケートの名目で「自分はどれほどダイエットに成功するか?」という設問と「どれほど成功するか?」という自分の成功イメージを具体的に文章にするよう促した。

「私はダイエットに成功する」ポジティブなグループと、「私はダイエットに失敗する」ネガティブなグループで比較した場合、確かにポジティブグループはネガティブグループよりダイエットを12㌔㌘多く成功させていた。

でも肝心なのはここからで、失敗する可能性を想像したポジティブグループと、まったく失敗しないと想像したハイパーポジティブグループとで比較した。それは驚くべきものだった。

なんと、ハイパーポジティブグループは平均1㌔㌘程度しかダイエット成功の平均体重に貢献出来ていなかったようなのだ。一方、失敗する可能性を想像したポジティブグループは23㌔㌘ということになる。合わせて平均12㌔㌘…なんということだ。

その後も様々な年代層に、就職、恋愛、病後のリハビリ、教育効果、麻薬中毒からの更生といった幅広い状況で、同様の結果が出た。もう誰もその研究結果を否定できない程になった。

ポジティブ思考は人が極限の状況に追い込まれたとき、そこで粘り、耐え、我慢し、生き抜くのには効果的なようだ。自由に描く夢は創作活動には欠かせない。自分が本当に望む生き方はどんなものかを探し見つけるのにも役だつようだ。だたし、ポジティブ思考はそのためのもの。

自分の大きな夢を実現させたい人が、その成功を、大成功を思い描き、全く失敗しないで夢を実現させることができると思い描くその夢は、現実離れすればするほど、その人自身の夢実現になんの役にも立たないか、むしろ夢達成の邪魔をする。

30年以上の長期間に及ぶガブリエル・エッティンゲン博士の研究は、最新の夢や目標達成支援のための教育プログラムを根本から改革するよう、人々を動かすことになった。

では、いったいどうすればよいのか?

参考記事

夢が人生に悪影響?

「夢をありありと描く」と叶わないってホント?衝撃の事実

これまでの常識からすると驚くべきことです。たくさんの人々が「ポジティブ思考」で考え、ポジティブを推奨し「まるで夢が実現したかのように想像しなさい。夢をありありと描き、夢に没入しよう!きっと夢に近づける」と言い、信じ、人々に教えてきたからです。

でも本当は、そうではなかったのです!

夢を描けば描くほど、夢の世界から遠ざかっていく⎯⎯のが本当だった!⎯⎯という驚愕の事実が科学的に証明されたのです。

『夢を描けば遠ざかる』という衝撃の事実!

1990年には証明されていた!夢が叶わない事実

「人」に「夢」と書いて「【儚】はかな(い)」は、人の描く夢は「淡くて消えやすい」ということから来た漢字ですが、昔々の人々はこのことを科学的に裏付けられるずっと前から知っていたのですね。

証明したのはドイツ出身の心理学者で米国で活躍するガブリエル・エッティンゲン教授。「ポジティブな空想は人間の経験として重要だと感じ、それがどう行動に影響するかを深く調べたかった」のだそうです。

空想の世界や過去の実体験とかけ離れた夢は、行動を促して夢を実現するためのエネルギーを人に与えるのか?という疑問の答えを得るための実験でした。

1980年代なかばに始まった実験で、肥満女性25人の減量プログラムを実施しました。目的はポジティブ・シンキングはダイエットに役立つか?の調査でした。

ダイエットプログラム参加者全員に、プログラム開始前に短いシナリオを完成してもらいました。自分がどれほどダイエットに成功する/失敗するかのシナリオを完成させた後、自分が作ったシナリオに描いた空想はどれほどポジティブ/ネガティブか点数をつけてもらいました。そのとき自分の想像にプログラム参加者自身の主観で評価してもらいました。

大切なのはどれほど痩せたか?ではなく、自分の想像を自分の主観で評価したときの得点に注目し追跡調査を行った点です。

1年後、ポジティブな想像をしていたグループと、ネガティブな想像をしていたグループとで比較しました。予想通りポジティブな想像をしていたグループの方が平均で12㌕多く体重を減らすことに成功していました。

なるほどそうですよね。でも大切なのはこれから。衝撃の結果は…

自分の想像を自分の主観で評価したとき、その想像がポジティブでしかも得点が高い超ポジティブなグループに教授は注目していました。

過去の経験とは関係なく、痩せることについて強いポジティブシンキングをした女性たち「友人たちと出かけるスリムで魅力的な私は、ドーナッツのそばを顔色ひとつ変えずに通り過ぎ、パーティーに行けば男性はみんな私に釘付け。目をつけていた素敵なひとが私に優しく声をかけ…腰に手を回し…」という具合のシナリオを完成させたグループと、「ついドーナッツを食べてしまう」とネガティブな想像をしたグループを比較したとき、予想していなかった衝撃の結果が出たのです。

ポジティブな想像をしたグループの中から、超ポジティブな想像をした女性たちだけを抜き出したグループと、ネガティブな想像をしたグループと比較すると、ネガティブな想像をしたグループのほうが11㌕多く体重を減らせたのです。

これを逆に言うと、超ポジティブな人々は減量できた平均体重が11㌕少ない!

ということは、目標達成を夢見ても、目標の成就を助けることにはならない。それどころか、むしろ夢の実現を邪魔してしまう、という調査結果になりました。

この研究結果は1991年に発表されましたが、誰も信用しなかったそうです。それ以降も色々なパターンで研究結果を積み重ね、これは正しいという証拠が積み上がると「そんな研究やめてしまいなさい」という圧力さえ加わったと教授は明かしています。

『夢を描きありありと想像すれば叶う』というのは間違い―それは嘘だった!

続き書くからブクマよろしく!

もちろん解決策がある。ポジティブシンキングが大事な理由と、解決策の実行には欠かせないこと、つまり夢を確実に捉える方法も書くよ。

夢を描いて生き生き生きていきたい!でも邪魔されるのはナゼ?

しなやかマインドセット

「しなやかマインドセット」―この本の著者、キャロル・S・ドゥエック博士はスタンフォード大・心理学教授。20年に渡る研究により「やればできる!」を科学しました。

ドゥエック博士はこの本で、自分自身の心の持ち方と価値観―マインドセット―をしなやかにすれば大抵のことはできる、いや、普通を超えてゆけると教えます。

「なりたい者に自分は成れる」
「失敗は成功への糧」
そう信じてその道を進んでいいんです。

そんな勇気を持っていいと学術的裏付けがわかります。

インテンシファイア―増強装置

この記事を書いている現在、ハーバード・ビジネス・スクール助教授ゴータム・ムクンダ氏は「インテンシファイア(増強装置)」という考えを提唱した。

インテンシファイアとは?

混沌とした今の世でリーダーシップを発揮するには?

これは生き残りをかけた重要な課題と多くの人々が気づいている。このリーダーシップを語る上で「インテンシファイア」は今後重要なキーワードになってくるだろう。

そもそも「リーダーの存在は重要か?」という質問に対して研究者の議論は分かれていた。偉大なチームはリーダー不在でも成功を収める。だが別の研究ではチームの成功の重要な要因は、カリスマ性のあるリーダーの存在だ。

要するに意見が分かれていた。その議論に一石を投じたのがゴータム・ムクンダ氏の研究だった。

その研究によってわかったことは、リーダーが根本的に異なる2つのタイプに別れるということだった。

第1のタイプ「ふるいにかけられたリーダー」

正規のコースで昇進を重ね、定石(じょうせき)を踏んでものごとに対応し、周囲の期待に応える「ふるいにかけられたリーダー」。トップの座に就くまでに十分に審査されてきているので、常識的で伝統的に承認されてきた決定を下す。手法が常套的なので、個々のリーダー間に大きな差異は見られない。このタイプはことを荒立てずに済まそうとする。

リーダーが及ぼす影響力はさほど大きくない。

第2のタイプ「ふるいにかけられていないリーダー」

正規のコースを経ずに指導者になった「ふるいにかけられていないリーダー」。会社員を経ずに起業した起業家、前任者の突然の辞任や暗殺などで突然担ぎ出された人など。突然トップの座に就いたのでシステムによる審査を経てきていないので、過去に承認済みなことや前例に基づいて決定を下すとは限らない―そもそも過去の承認や前例すら知らない。バックグラウンドが異なるので予測不可能なことをする。その反面、このタイプのリーダーが変化や変革をもたらす。ルールを度外視した決定や行動をするので、自ら率いる組織を破壊する場合もある。だが中には、少数派だが、組織の悪しき慣行や信念や硬直した体制を打破し、大改革を成し遂げる。このタイプはことを荒立てずにはいられない。

多大なプラスの影響を及ぼす偉大なリーダーと呼ばれるのはこのタイプ。

両者は根本的に異なる

「良いリーダーと偉大なリーダーの差は程度の問題ではなく、両者は根本的に異なる人間なのです」とムクンダ氏はいう。

第二次世界大戦直前、『ヒトラーはものわかりのいい人』と見ていた首相が失脚しチャーチルが首相になったのは、これまでシステムが締め出してきた規格外のカリスマ性のあるリーダーが必要な時代だったからだ。異端のチャーチルはそういう規格から大きく外れた、だがその時代の緊急事態に最も対応できるインパクトのある能力を備えていたからだった。

チャーチルガンジーさえ危険視し、英国を脅かすあらゆる脅威を騒ぎ立てる臆病者という評価だった。英語で”Are you chicken?(おまえは腰抜けか?)”とは彼の代名詞でもあった。(チキン・リトル)だからこそヒトラーの暴走もいち早く見抜くことができたのだった。

ユニークな資質は、日頃はネガティブな性質、欠点と捉えられていながら、ある特殊な状況下で強烈な強みになる。そうした資質は、上記のチャーチルの偏執的国防意識のように、毒のようでありながら、ある特殊な状況下で本人の仕事ぶりを飛躍的に高めてくれるカンフル剤になる。

これを「インテンシファイア」(増強装置)と提唱した。

インテンシファイアが君の弱点を長所に変える

この概念が、多くの人の日頃はネガティブな性質、欠点と捉えられていながら、当の本人は「本当はそんなことないはず」と思える、いわゆるあなたの最大の弱点を、ライバルを蹴散らしあなたを頂点に引き上げる最大の強みにかえてくれる秘訣なのだ。

こどもの頃は空を飛べたよ

子供の頃は空を飛べたよ。

草に寝ころび心の翼広げ

どこへだって行けた僕だった。

君を愛したとき 忘れてた翼が

もう一度 夢の空

飛ぶことを教えた

NHKアニメの「キャプテン・フューチャー」OPテーマ曲の一節。文字にするとまた強いメッセージが伝わってきますね。

ゴダイゴのタケカワユキヒデが歌うバージョンが好きでした。

だた前だけ向いて全力で走ってきました。気がつくと日本全国に友達がいて、さらに気がついたら世界中に友達がいました。思い出もいっぱいできました。

それで、もういいかなと思って立ち止まってみました。

「あれ?みんなのためだと思ってやってきたこと、だったけど考えてみたら全部自分のためにやってた。みんな面白がってくれたけど…なんだったんだろう。」

色々できそうな自分がいるけど、この時期に立ち止まってみてよかった気がする。もう自分のためにやるのはやめよう。勘違いやめよう。他の人を幸せにするためになんでもやってみよう。それのほうがきっと幸せだ。

そう思ったらなんかバーッと広がってきた。夢広がるってこういうことか。

右手に鉛筆、左手に消しゴム、スケッチブックを広げて描く。白黒なのになんだかカラフル。この色…なんだ?色決めるのがもったいないからそのまま白黒。見方によって見る日によって見る時間によって色が変わる。白黒のときもあるけど。いやずっと白黒なんだけど、ワクワクするよ。

夢をありありと描くことってこういうことか。

なんか事業計画みたいなスケジュール引いてお金の計算して、集客見込みを書いて、達成目標とか書いてみて色付けて立体にして紙芝居にして音つけて

そんなのしてもワクワクしないなら意味ない。

ワクワク仕様ありありと。これだ!

神戸萬吉

夢を目標にしてかなえる

それは僕の素朴な疑問から始まった。

「夢と現実、希望と欲望、目的と目標、何が違う?」ぼんやりと、
そんな言葉がわたしの頭の中を走馬灯のようにゆらゆら巡り、
人生を振り返って思ったのです。

「夢はかなうのか?」
「みんなどんな『夢』描いてるのかな?」
「そもそも『夢が叶う』ってどういうこと?」
「夢って叶えるものなのか?」

夢はどうすれば叶うのか

『夢書いて壁に貼って毎日十回唱える』のに意味はあるのだろうか。

これはこれで内面を強化すると言われています。ポジティブ思考になるそうです。でも結局は自分一人で自分の夢と向き合うことになり、孤独な戦い、夢を追求する凄く厳しい闘いになるよね。それは辛い、きっと続かない。

神社で絵馬に夢を書き奉納。『叶いますように』と願(がん)をかける。なにか守られてる感じで安心。孤独ではない闘いができそうな気がする。もちろん人は何をどのように信じるかの自由があります。

「夢を描いて燃えるような情熱で取組む」ことで実現可能なら、もっとたくさんの人の夢が叶ってみんな幸せになるはずなんだけど、現実はそうじゃない。

本当のところは、 夢を実現させている人たちの周りには、なぜか必要な色々ななにかが揃ってゆき集まって作用しあって、次から次へと実現させてゆく。

そういった仕組みどこかにあるんじゃないかなと探してみた。

お金を集めて人を支援する仕組みがあるし、そんな仕組みを民間でも行政でもNPO組織でもやっています。一生懸命やってくれています。

でも、なんだか腑に落ちない。

それぞれが別の方向を向いている感じで、本気で夢を実現させたいと思うひとたちを本気で応援していない感じがする(僕の気持ち:感情には個人差があります)。もちろん本気の仕組みだろうし、熱い情熱で支援している組織や個人も知っている。

でもやっぱり今ひとつ腑に落ちない。

そう考えて、自分でも色々思い描いてみた。書くことで整理がつき、掲げることでポジティブになる。それほ他の人に発信すると応援をもらえるようになるんじゃないか…と。

神戸萬吉