「夢をありありと描く」と叶わないってホント?衝撃の事実

これまでの常識からすると驚くべきことです。たくさんの人々が「ポジティブ思考」で考え、ポジティブを推奨し「まるで夢が実現したかのように想像しなさい。夢をありありと描き、夢に没入しよう!きっと夢に近づける」と言い、信じ、人々に教えてきたからです。

でも本当は、そうではなかったのです!

夢を描けば描くほど、夢の世界から遠ざかっていく⎯⎯のが本当だった!⎯⎯という驚愕の事実が科学的に証明されたのです。

『夢を描けば遠ざかる』という衝撃の事実!

1990年には証明されていた!夢が叶わない事実

「人」に「夢」と書いて「【儚】はかな(い)」は、人の描く夢は「淡くて消えやすい」ということから来た漢字ですが、昔々の人々はこのことを科学的に裏付けられるずっと前から知っていたのですね。

証明したのはドイツ出身の心理学者で米国で活躍するガブリエル・エッティンゲン教授。「ポジティブな空想は人間の経験として重要だと感じ、それがどう行動に影響するかを深く調べたかった」のだそうです。

空想の世界や過去の実体験とかけ離れた夢は、行動を促して夢を実現するためのエネルギーを人に与えるのか?という疑問の答えを得るための実験でした。

1980年代なかばに始まった実験で、肥満女性25人の減量プログラムを実施しました。目的はポジティブ・シンキングはダイエットに役立つか?の調査でした。

ダイエットプログラム参加者全員に、プログラム開始前に短いシナリオを完成してもらいました。自分がどれほどダイエットに成功する/失敗するかのシナリオを完成させた後、自分が作ったシナリオに描いた空想はどれほどポジティブ/ネガティブか点数をつけてもらいました。そのとき自分の想像にプログラム参加者自身の主観で評価してもらいました。

大切なのはどれほど痩せたか?ではなく、自分の想像を自分の主観で評価したときの得点に注目し追跡調査を行った点です。

1年後、ポジティブな想像をしていたグループと、ネガティブな想像をしていたグループとで比較しました。予想通りポジティブな想像をしていたグループの方が平均で12㌕多く体重を減らすことに成功していました。

なるほどそうですよね。でも大切なのはこれから。衝撃の結果は…

自分の想像を自分の主観で評価したとき、その想像がポジティブでしかも得点が高い超ポジティブなグループに教授は注目していました。

過去の経験とは関係なく、痩せることについて強いポジティブシンキングをした女性たち「友人たちと出かけるスリムで魅力的な私は、ドーナッツのそばを顔色ひとつ変えずに通り過ぎ、パーティーに行けば男性はみんな私に釘付け。目をつけていた素敵なひとが私に優しく声をかけ…腰に手を回し…」という具合のシナリオを完成させたグループと、「ついドーナッツを食べてしまう」とネガティブな想像をしたグループを比較したとき、予想していなかった衝撃の結果が出たのです。

ポジティブな想像をしたグループの中から、超ポジティブな想像をした女性たちだけを抜き出したグループと、ネガティブな想像をしたグループと比較すると、ネガティブな想像をしたグループのほうが11㌕多く体重を減らせたのです。

これを逆に言うと、超ポジティブな人々は減量できた平均体重が11㌕少ない!

ということは、目標達成を夢見ても、目標の成就を助けることにはならない。それどころか、むしろ夢の実現を邪魔してしまう、という調査結果になりました。

この研究結果は1991年に発表されましたが、誰も信用しなかったそうです。それ以降も色々なパターンで研究結果を積み重ね、これは正しいという証拠が積み上がると「そんな研究やめてしまいなさい」という圧力さえ加わったと教授は明かしています。

『夢を描きありありと想像すれば叶う』というのは間違い―それは嘘だった!

続き書くからブクマよろしく!

もちろん解決策がある。ポジティブシンキングが大事な理由と、解決策の実行には欠かせないこと、つまり夢を確実に捉える方法も書くよ。

夢を描いて生き生き生きていきたい!でも邪魔されるのはナゼ?

しなやかマインドセット

「しなやかマインドセット」―この本の著者、キャロル・S・ドゥエック博士はスタンフォード大・心理学教授。20年に渡る研究により「やればできる!」を科学しました。

ドゥエック博士はこの本で、自分自身の心の持ち方と価値観―マインドセット―をしなやかにすれば大抵のことはできる、いや、普通を超えてゆけると教えます。

「なりたい者に自分は成れる」
「失敗は成功への糧」
そう信じてその道を進んでいいんです。

そんな勇気を持っていいと学術的裏付けがわかります。

インテンシファイア―増強装置

この記事を書いている現在、ハーバード・ビジネス・スクール助教授ゴータム・ムクンダ氏は「インテンシファイア(増強装置)」という考えを提唱した。

インテンシファイアとは?

混沌とした今の世でリーダーシップを発揮するには?

これは生き残りをかけた重要な課題と多くの人々が気づいている。このリーダーシップを語る上で「インテンシファイア」は今後重要なキーワードになってくるだろう。

そもそも「リーダーの存在は重要か?」という質問に対して研究者の議論は分かれていた。偉大なチームはリーダー不在でも成功を収める。だが別の研究ではチームの成功の重要な要因は、カリスマ性のあるリーダーの存在だ。

要するに意見が分かれていた。その議論に一石を投じたのがゴータム・ムクンダ氏の研究だった。

その研究によってわかったことは、リーダーが根本的に異なる2つのタイプに別れるということだった。

第1のタイプ「ふるいにかけられたリーダー」

正規のコースで昇進を重ね、定石(じょうせき)を踏んでものごとに対応し、周囲の期待に応える「ふるいにかけられたリーダー」。トップの座に就くまでに十分に審査されてきているので、常識的で伝統的に承認されてきた決定を下す。手法が常套的なので、個々のリーダー間に大きな差異は見られない。このタイプはことを荒立てずに済まそうとする。

リーダーが及ぼす影響力はさほど大きくない。

第2のタイプ「ふるいにかけられていないリーダー」

正規のコースを経ずに指導者になった「ふるいにかけられていないリーダー」。会社員を経ずに起業した起業家、前任者の突然の辞任や暗殺などで突然担ぎ出された人など。突然トップの座に就いたのでシステムによる審査を経てきていないので、過去に承認済みなことや前例に基づいて決定を下すとは限らない―そもそも過去の承認や前例すら知らない。バックグラウンドが異なるので予測不可能なことをする。その反面、このタイプのリーダーが変化や変革をもたらす。ルールを度外視した決定や行動をするので、自ら率いる組織を破壊する場合もある。だが中には、少数派だが、組織の悪しき慣行や信念や硬直した体制を打破し、大改革を成し遂げる。このタイプはことを荒立てずにはいられない。

多大なプラスの影響を及ぼす偉大なリーダーと呼ばれるのはこのタイプ。

両者は根本的に異なる

「良いリーダーと偉大なリーダーの差は程度の問題ではなく、両者は根本的に異なる人間なのです」とムクンダ氏はいう。

第二次世界大戦直前、『ヒトラーはものわかりのいい人』と見ていた首相が失脚しチャーチルが首相になったのは、これまでシステムが締め出してきた規格外のカリスマ性のあるリーダーが必要な時代だったからだ。異端のチャーチルはそういう規格から大きく外れた、だがその時代の緊急事態に最も対応できるインパクトのある能力を備えていたからだった。

チャーチルガンジーさえ危険視し、英国を脅かすあらゆる脅威を騒ぎ立てる臆病者という評価だった。英語で”Are you chicken?(おまえは腰抜けか?)”とは彼の代名詞でもあった。(チキン・リトル)だからこそヒトラーの暴走もいち早く見抜くことができたのだった。

ユニークな資質は、日頃はネガティブな性質、欠点と捉えられていながら、ある特殊な状況下で強烈な強みになる。そうした資質は、上記のチャーチルの偏執的国防意識のように、毒のようでありながら、ある特殊な状況下で本人の仕事ぶりを飛躍的に高めてくれるカンフル剤になる。

これを「インテンシファイア」(増強装置)と提唱した。

インテンシファイアが君の弱点を長所に変える

この概念が、多くの人の日頃はネガティブな性質、欠点と捉えられていながら、当の本人は「本当はそんなことないはず」と思える、いわゆるあなたの最大の弱点を、ライバルを蹴散らしあなたを頂点に引き上げる最大の強みにかえてくれる秘訣なのだ。

こどもの頃は空を飛べたよ

子供の頃は空を飛べたよ。

草に寝ころび心の翼広げ

どこへだって行けた僕だった。

君を愛したとき 忘れてた翼が

もう一度 夢の空

飛ぶことを教えた

NHKアニメの「キャプテン・フューチャー」OPテーマ曲の一節。文字にするとまた強いメッセージが伝わってきますね。

ゴダイゴのタケカワユキヒデが歌うバージョンが好きでした。

だた前だけ向いて全力で走ってきました。気がつくと日本全国に友達がいて、さらに気がついたら世界中に友達がいました。思い出もいっぱいできました。

それで、もういいかなと思って立ち止まってみました。

「あれ?みんなのためだと思ってやってきたこと、だったけど考えてみたら全部自分のためにやってた。みんな面白がってくれたけど…なんだったんだろう。」

色々できそうな自分がいるけど、この時期に立ち止まってみてよかった気がする。もう自分のためにやるのはやめよう。勘違いやめよう。他の人を幸せにするためになんでもやってみよう。それのほうがきっと幸せだ。

そう思ったらなんかバーッと広がってきた。夢広がるってこういうことか。

右手に鉛筆、左手に消しゴム、スケッチブックを広げて描く。白黒なのになんだかカラフル。この色…なんだ?色決めるのがもったいないからそのまま白黒。見方によって見る日によって見る時間によって色が変わる。白黒のときもあるけど。いやずっと白黒なんだけど、ワクワクするよ。

夢をありありと描くことってこういうことか。

なんか事業計画みたいなスケジュール引いてお金の計算して、集客見込みを書いて、達成目標とか書いてみて色付けて立体にして紙芝居にして音つけて

そんなのしてもワクワクしないなら意味ない。

ワクワク仕様ありありと。これだ!

神戸萬吉

夢を目標にしてかなえる

それは僕の素朴な疑問から始まった。

「夢と現実、希望と欲望、目的と目標、何が違う?」ぼんやりと、
そんな言葉がわたしの頭の中を走馬灯のようにゆらゆら巡り、
人生を振り返って思ったのです。

「夢はかなうのか?」
「みんなどんな『夢』描いてるのかな?」
「そもそも『夢が叶う』ってどういうこと?」
「夢って叶えるものなのか?」

夢はどうすれば叶うのか

『夢書いて壁に貼って毎日十回唱える』のに意味はあるのだろうか。

これはこれで内面を強化すると言われています。ポジティブ思考になるそうです。でも結局は自分一人で自分の夢と向き合うことになり、孤独な戦い、夢を追求する凄く厳しい闘いになるよね。それは辛い、きっと続かない。

神社で絵馬に夢を書き奉納。『叶いますように』と願(がん)をかける。なにか守られてる感じで安心。孤独ではない闘いができそうな気がする。もちろん人は何をどのように信じるかの自由があります。

「夢を描いて燃えるような情熱で取組む」ことで実現可能なら、もっとたくさんの人の夢が叶ってみんな幸せになるはずなんだけど、現実はそうじゃない。

本当のところは、 夢を実現させている人たちの周りには、なぜか必要な色々ななにかが揃ってゆき集まって作用しあって、次から次へと実現させてゆく。

そういった仕組みどこかにあるんじゃないかなと探してみた。

お金を集めて人を支援する仕組みがあるし、そんな仕組みを民間でも行政でもNPO組織でもやっています。一生懸命やってくれています。

でも、なんだか腑に落ちない。

それぞれが別の方向を向いている感じで、本気で夢を実現させたいと思うひとたちを本気で応援していない感じがする(僕の気持ち:感情には個人差があります)。もちろん本気の仕組みだろうし、熱い情熱で支援している組織や個人も知っている。

でもやっぱり今ひとつ腑に落ちない。

そう考えて、自分でも色々思い描いてみた。書くことで整理がつき、掲げることでポジティブになる。それほ他の人に発信すると応援をもらえるようになるんじゃないか…と。

神戸萬吉